サウンド編集ソフトの『Audacity』を用いて、無音WAVファイルの作成

以下のURLのDownloadから自分の環境にあったものを選択してダウンロード
http://www.audacityteam.org/

主に、無音WAVファイルの作成の仕方

『Audacity』を起動して、タブ:トラック→新しく追加→ステレオトラック

無音WAVファイル作成1
 
タブ:ジェネレーター→無音
無音ジェネレーターから時間を設定します

無音WAVファイル作成2

左下のプロジェクトのサンプリング周波数(Hz)から目的のサンプリング周波数を選択します
タブ: ファイル→オーディオの書き出し、で目的の形式などを設定します
ヘッダやエンコーディングの変更はオプションからできます

無音WAVファイル作成3
 
最後に必要に応じてメタデータの編集をして、OKで保存します
無音WAVファイル作成4
 

以上で終了です




自分が作成した、無音WAVファイルのバックアップ用リンク
https://mega.nz/#F!28UCBCAQ!tKDd9lP36tupZfxkc8OeyQ

30sec 8bit 16bit 24bit 32bit
8kHz 44.1kHz~384kHz

1sec 16bit 24bit 32bit
44.1kHz~384kHz


30secの方はホワイトノイズなどの確認用
1secの方はソース切替時のノイズの対策用

192kHzなどに周波数を切り替えて再生した場合、曲頭に『ブツッ』みたいなノイズが入ることがあるので